【兵庫県加東市】不動産買取を依頼する前に押さえよう!「古い」家の価値 相続した古い家を即金即決の取引で手放したい方は買取依頼を

兵庫県加東市近郊で相続した家の取り扱いにお悩みの方はいませんか?特に、古い家ほど取り扱いに悩む方が少なくありません。しかし、古い家は放置すると大損する可能性があるため、活用する予定がないのであれば早めに手放した方がいいでしょう。

そこで、今回は兵庫県加東市で不動産の買取を行っているスローライフが、そもそも「古い」家とはどのような家のことなのか、古い家を所有し続けることにはどのような問題があるのか、分かりやすく説明します。

築年数何年から古い家?

old house

親や親族から家を相続しても、どのように管理すれば良いのか分からず放置してしまっているケースは少なくありません。しかし、相続した家を空き家として放置すると損することになります。特に、古い家を放置し続けると大損する可能性も。

では、築年数何年から「古い」家に該当するのでしょうか。

一般的に、築20年を超えている場合は古い家として認識されます。しかしながら、実際には「古い」の明確な定義はなく、木造や鉄筋コンクリートなど構造ごとに定められた税法上の耐用年数を目安に判断しています。木造の建物は耐用年数22年、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物は耐用年数47年です。

この耐用年数から、築20年を超える場合は古い家、築40年を超える場合は資産価値ほぼゼロといわれています。

古い家の判断は耐震基準も参考に

judgment

古い家の判断は耐用年数の他に、耐震基準も参考にすることができます。

耐震基準とは、地震で倒壊しないように設定されている建物の強度の基準です。これまで日本は、大震災が起こるたびに耐震基準を見直し強化してきました。特に大きく変わったのが1981年です。

1981年以前の耐震基準(旧耐震基準)は、1950年の建築基準法に基づいて制定されたもので、震度5程度の揺れに耐えられる設計が求められていました。しかし、1978年に発生した宮城県沖地震(最大震度5)で大きな被害を受けたことから耐震基準が見直され、1981年6月新たに耐震基準(新耐震基準)が制定されました。新耐震基準では、震度6~7の揺れに耐えられる設計が求められています。

このことにより、1981年5月31日以前の旧耐震基準で設計された家は「古い」、1981年6月1日以降の新耐震基準で設計された家は「新しい」と判断されたりします。ただし、1981年5月31日以前に建てられた家だからといって、必ずしも耐震性能が低い「古い」家とはいえません。適切な補強工事を行えば耐震性能は上がるため、「古い」家から生まれ変わります。

古い家は維持費や売却に問題が…!古家付き土地として買取依頼をすることで即金即決のスピーディーな取引を実現!

古い家を相続した場合、所有しているだけでも維持費がかかります。光熱費の解約手続きを行っていなければ基本料金がかかり、固定資産税も毎年かかります。放置し続ける期間が長くなるほど負担が大きくなるのです。また、古い家ほど売却するのが難しくなります。

そのため、相続した不動産を活用する予定がないのであれば、早めに売却を検討するのがおすすめ。古家付き土地として不動産業者に買取を依頼するといいでしょう。買取は仲介と違って即金即決の取引となるため、手間や時間をかけずに古い家を手放せて現金化することができます。

兵庫県加東市で相続した不動産の買取依頼をお考えならスローライフへ

「古い」の定義は人それぞれですが、旧耐震基準で設計されている築20年を超えた家屋は「古い」家として認識されます。古い家は維持費や売却に関することなど、様々な問題をはらんでいるため、古家付き土地として不動産業者に買取を依頼するのがおすすめです。買取は仲介と違って即金即決の取引が実現します。

兵庫県加東市で不動産の買取を行っているスローライフでは、お客様のご要望をできる限り叶えられるよう、丁寧な対応を心掛けております。兵庫県加東市近郊で相続した土地や戸建ての取り扱いにお悩みの方、兵庫県加東市で所有する不動産の買取依頼を検討されている方は、スローライフにご相談くださいませ。

コラム一覧

  1. 不動産の買取と売却(仲介)の違い 業者による買取のメリット
  2. 不動産の買取で行われる査定方法を解説!正確な相場を知る依頼方法は?
  3. 不動産の買取依頼で重要な相場を知る方法
  4. 不動産の買取依頼の前に確認しておきたいポイント
  5. 不動産の買取相談で失敗しない業者選びのコツ!よくあるご質問
  6. 不動産の買取・相続した土地の買取に必要な書類は?
  7. 相続後使わない土地は早めに売却を!売却前の注意点
  8. 不動産買取を依頼する前に押さえよう!「古い」家の価値
  9. 古民家再生について
  10. 古民家の買取はスローライフにお任せを!一戸建て・土地の売却・買取ご相談大歓迎
  11. 地域密着型の不動産会社に一戸建て・土地の買取を依頼するメリット
  12. 古民家買取を依頼する前にチェック!高く売却するためのポイント
  13. 相続した不動産を放置するデメリット
  14. 相続不動産に関する手続き「相続登記」の基礎知識
  15. 相続不動産を売却するメリットと最適なタイミング
  16. 相続不動産の売却を成功させるポイント
  17. 「放置した一戸建てがもたらす被害」とは
  18. 空き家になった田舎の一戸建てを高く売るコツ
  19. 買取相談の前に要チェック!田舎の空き家を売却する際に注意すべきこと
  20. 空き家買取のメリットと価格に影響が出る要素
  21. 空き家・古民家の売却におけるよくある疑問と解決方法
  22. 空き家処分に買取をおすすめする理由と相続した実家を売るタイミング

兵庫県加東市で不動産買取を行っているスローライフ

会社名 有限会社スローライフ
住所 〒679-4161 兵庫県たつの市龍野町日山61-1
TEL 0791-62-5666
FAX 0791-62-5667
e-mail inakaman@slowlife1.com
URL https://slowlife2.com
PAGE TOP